スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの橋を渡るまでは兄弟でした

ゆれる
ゆれる ゆれる
オダギリジョー (2007/02/23)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、智恵子が吊り橋から転落死してしまう。殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じる弟の関係が、ときにスリリングに、ときに不可解に、さらに衝撃と感動を行き来し、タイトルが示すように“ゆれながら”展開する骨太なドラマだ。
都会に出た者と、田舎に残る者。性格も違う兄と弟。映画は対照的な立場を鮮やかに描きだす。西川美和監督は、微妙なセリフで男ふたりの複雑な内面を表現し、観る者のイマジネーションをかき立てまくる。背中の演技で心情を伝える香川照之もすばらしいが、兄に対する負い目と苛立ちの両方をみせるオダギリジョーは、彼のキャリアのなかで最高の演技と言っていいだろう。あのとき吊り橋で、何が起こったのか? その真実も含め、さまざまな余韻を残すラストシーンは目に焼き付いて離れない。兄弟を持つ人ならば多かれ少なかれ、ここに描かれる確執に共感してしまうはず。家族の関係も、そして人生も、一筋縄ではいかないのだと教えてくれる名編だ。(斉藤博昭)

兄と弟

田舎に残る
東京へ行く
沢山のお金を稼ぐ
女にもてる
成功する
とどまる

スタートは同じだったのに
どうしてこんなにも
違う人生を送るのだろう

本当は
突き落としたんじゃない
助けようとした

少なからずの殺意はあったにせよ

弟は偽証した

むしろ
仕向けたのは
兄だった

兄は
それで、弟に
仕返しをしたのかもしれない

奪ったものの仕返しだったのだろうか

ほんとのことは
誰にも分からない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あたし
☆HN☆ リサ☆

リサ

Author:リサ
31になりました

夢はみるけど
現実も知りすぎて

言い訳する知恵ばかりついて

相変わらず
回り道ばかり

でも
いつでも
やっぱりがんばる人でいたいです

どうぞ
よろしくお願いします

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
あたらしいもの
来客数
おしながき
コメントありがとう
月刊なかよし
おともだちブログ
白ヤギメール
食べずに返しますので メールください

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。